« 2016年8月 | トップページ

2017年8月

2017年8月31日 (木)

余白のR vol.09 原稿募集

■余白のR vol.09
特集:“同人誌”を問いなおす(仮)
企画趣旨
 
 
次号「余白のR vol.09」のテーマは「“同人誌”を問いなおす」(仮)としました。vol.07でコミケ特集を組んだばかりで恐縮ですが、今回は前回の反省も踏まえ、より広く、より踏み込んだ形で同人誌文化について考えたいと思い、このような特集名を設定しました。
前回のコミケ特集では、コミケが隆盛と同時にさまざまな困難や問題に直面しているという認識から企画趣旨を述べました。今回も基本的にその意識は変わりません。
ただ、今回は対象をコミケからより広く同人誌、あるいは同人誌文化まで広げたいと思います。なぜなら同人誌に関わっていてもコミケに来たことはない方も大勢いることでしょうし、全国各地で無数の同人誌即売会が開催されていることを踏まえると、現在においてはコミケのみを対象にすることは同人誌文化を考える上では片手落ちと思われるからです。また、作り手の思いや思想、そして実際の制作、即売会などでの頒布、書店委託といった制作から流通までを同人誌文化と捉える必要があるのではないか、という考えもあります。
上記を踏まえ、今回主に取り上げたいのは、私たちはそれぞれどのように同人誌を作り、頒布し、そして求めているのかということです。もう少し踏み込むと、どのような社会状況のもとで私たちは同人誌に関わっているのかを考えようというものです。
たとえば、誰もが表現できる時代に我々はどうして同人誌を作るのか、そして即売会に参加するのか、現在において同人誌と商業出版(物)はどのように関わるのか、といった問題を自分の経験から出発した上で、社会との関係の中で考えることを試みてくだされば幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
■要項
・内容:「同人誌」に関する評論・エッセイ(同人誌即売会などの流通システムも含む)
・字数:3000~10000字程度(10000字以上は相談に応じます)
・締切:2017/11/10(応相談)
・原稿データ形式:テキストファイルあるいはdoc、docxファイル
・稿料:勝手ながら掲載誌2部にかえさせていただきます
・頒布予定:コミックマーケット93(2017/12/29~12/31)ほか
※ご応募の際は、応募時点でお考えの原稿の構想、文字量をお教えください。
※wordで原稿を作成の場合、注釈はwordの機能で付けないようにお願いします。
※編者の処理能力により、予告なく受付を締め切る場合がございます。ご了承ください。
 
 
■ご応募・ご質問等
Twitter(DM):kei_furuto
メール:kei.furuto★gmail.com(★=@)
 
 
余白の楽書
古戸圭一朗

2017年8月 6日 (日)

コミックマーケット92情報

当サークル「余白の楽書」はコミックマーケット92に参加します。

今回の配置は8月13日(3日目)、東ホール V03-bです。
以下、今回の頒布物です。
 
 
■余白のR Vol.08
Yohaku08_hyoshi_0806
 
 
特に今回特集名はありませんが、「オタク」をキーワードにした論考を中心にご執筆いただきました。
 
 
---【論考一覧】-----------------------------------------------------------
 
 
・「オタク」バッシングの構築主義的言説分析
―「レイシズム・カウンター」による「オタク」バッシングの「材料」を問う― (富田九郎) 
 
 
・フィクションを生きる―自己啓発とオタク (ねりま)
 
 
・日常性という名の多幸感から離れて (yasagon) ※余白のR Vol.4-5から再録
 
 
------------------------------------------------------------------------
 
 
企画・編集:古戸圭一朗
 
 
編集協力:富田九郎
 
 
B5判40ページ/300円
 
 
------------------------------------------------------------------------
 
 
お立ち寄りの際は、よろしくお願いいたします。

« 2016年8月 | トップページ

twitter

リンク

無料ブログはココログ