その他・お知らせ

2018年1月18日 (木)

余白域Vol.01 特集「出版文化の中の『同人誌』」原稿募集

 
C93で頒布した『余白域 Vol.0』の特集テーマ設定は、文化としての同人誌の現在を考えることを意図していた。そして、次の夏コミ(C94)では、別の視点から同人誌について特集することを予定している。
 
 
今回のテーマは「出版文化の中の『同人誌』」(仮)としたい。これは前回の企画段階では特に意識していなかった日本の出版シーン全体から、同人誌を考えようというものだ。
私自身、Vol.0では「編集」について、同人誌と商業誌のそれを対比したが、私に限らず同人誌を商業誌と対比させることは、広く行われていると言える。たとえば、商業誌に対し同人誌の非営利性を強調したり、私もそうだが行き詰まりを見せる日本の出版シーンの中で、同人誌にある種の「希望」を見出そうとしたりする言説はしばしば見られる。これは商業出版の状況を批判的に捉え、オルタナティブなメディアとしての同人誌の可能性を訴えるものだ。
他方、商業誌と同人誌の垣根が低くなりつつあるという見方も存在する。なりつつあるというか、かつてから存在しただろうが、同人誌から商業作家を目指す、あるいは商業作家が同人誌を作り即売会に参加するというのは、今では当たり前のことだ。コミケの企業ブースやコミティアの出張編集部を見れば分かるように、各メーカーや商業出版社にとっても同人誌即売会は無視できない「マーケット」であり、作家を「発掘」する機会となっている。
そのような状況を念頭に置き、現在の日本の出版シーンで「同人誌」はどのようなポジションにあるのか、批判的に考察することが今回の目的だ。
また、今回の企画は出版文化において、同人誌はどのような位置づけなのか考えることと同時に、同人誌から日本の出版シーン全体を俯瞰することもひとつの目的としている。
 
 
上記を意識し、同人誌あるいは日本の出版状況を考察する原稿を今回は募集したい。
 
 
・自由テーマ投稿
また今回から、特集外の自由テーマによる原稿も募集したい。書評なども募集し、特に表現形式に制限は設けないつもりだが、執筆前にテーマ設定などをご相談頂ければ幸いである。
 
 
■要項
・内容:上記の趣旨を念頭においた「同人誌」に関する評論・エッセイ(同人誌即売会などの流通システムも含む)
・字数:3000~15000字程度(15000字以上は相談に応じます)
・締切:2018/6/17(日)(延長応相談)
・原稿データ形式:テキストファイル(実際の編集作業は、Googleドキュメントにて行う予定)
・寄稿者には掲載誌2部を進呈
・頒布予定:コミックマーケット94(2018/8/10~8/12)ほか
※ご応募の際は、応募時点でお考えの原稿の構想、文字量をお教えください。
※編者の処理能力により、予告なく受付を締め切る場合がございます。ご了承ください。
 
 
■ご応募・ご質問等
Twitter(DM):kei_furuto
メール:kei.furuto★gmail.com(★=@)
 
 
『余白域』編集・発行人
古戸圭一朗

2017年12月31日 (日)

コミックマーケット93情報

Yohakuiki_hyoshi_3

 遅くなりましたが「余白の楽書」、C93頒布物情報です。今回のスペースは、3日目東ナ-13a、新刊は「余白のR」改め「余白域」、特集は「『同人誌』をめぐる理論と実践」です。
以下、内容です。ちなみに価格は200円です。
 
 
■『余白域 Vol.0』 特集:「『同人誌』をめぐる理論と実践」
・〈オタク〉という人々を作り上げるループ効果と「同人誌」文化のつながり(富田九郎)
・同人誌とクリエイター論(あんすこむたん)
・「非」職業としての編集者 -同人誌における編集を考える-(古戸圭一朗)
・なぜ僕たちは「本」を出すのか?(羽海野渉)
B5判/200円(コピー誌)
※書影は白地ですが、現物はアイボリーの用紙に印刷しています。
 
 
よろしくお願いいたします。
 

2017年8月31日 (木)

余白のR vol.09 原稿募集

■余白のR vol.09
特集:“同人誌”を問いなおす(仮)
企画趣旨
 
 
次号「余白のR vol.09」のテーマは「“同人誌”を問いなおす」(仮)としました。vol.07でコミケ特集を組んだばかりで恐縮ですが、今回は前回の反省も踏まえ、より広く、より踏み込んだ形で同人誌文化について考えたいと思い、このような特集名を設定しました。
前回のコミケ特集では、コミケが隆盛と同時にさまざまな困難や問題に直面しているという認識から企画趣旨を述べました。今回も基本的にその意識は変わりません。
ただ、今回は対象をコミケからより広く同人誌、あるいは同人誌文化まで広げたいと思います。なぜなら同人誌に関わっていてもコミケに来たことはない方も大勢いることでしょうし、全国各地で無数の同人誌即売会が開催されていることを踏まえると、現在においてはコミケのみを対象にすることは同人誌文化を考える上では片手落ちと思われるからです。また、作り手の思いや思想、そして実際の制作、即売会などでの頒布、書店委託といった制作から流通までを同人誌文化と捉える必要があるのではないか、という考えもあります。
上記を踏まえ、今回主に取り上げたいのは、私たちはそれぞれどのように同人誌を作り、頒布し、そして求めているのかということです。もう少し踏み込むと、どのような社会状況のもとで私たちは同人誌に関わっているのかを考えようというものです。
たとえば、誰もが表現できる時代に我々はどうして同人誌を作るのか、そして即売会に参加するのか、現在において同人誌と商業出版(物)はどのように関わるのか、といった問題を自分の経験から出発した上で、社会との関係の中で考えることを試みてくだされば幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
■要項
・内容:「同人誌」に関する評論・エッセイ(同人誌即売会などの流通システムも含む)
・字数:3000~10000字程度(10000字以上は相談に応じます)
・締切:2017/11/10(応相談)
・原稿データ形式:テキストファイルあるいはdoc、docxファイル
・稿料:勝手ながら掲載誌2部にかえさせていただきます
・頒布予定:コミックマーケット93(2017/12/29~12/31)ほか
※ご応募の際は、応募時点でお考えの原稿の構想、文字量をお教えください。
※wordで原稿を作成の場合、注釈はwordの機能で付けないようにお願いします。
※編者の処理能力により、予告なく受付を締め切る場合がございます。ご了承ください。
 
 
■ご応募・ご質問等
Twitter(DM):kei_furuto
メール:kei.furuto★gmail.com(★=@)
 
 
余白の楽書
古戸圭一朗

2016年4月23日 (土)

第二十二回文学フリマ東京情報

当サークル、余白の楽書は、2016年5月1日に行われる第二十二回文学フリマ東京に出店します。ブース番号は、チ-02で、頒布物は以下の通りです。

Vol6_2


余白のRvol.6 〈特集〉大学

・大学という社会的現実とその亀裂 (れころ)
・哲学的思考と思想の境界 (富田九郎)
・大学教育と研究 (drift203)
・私の消極的大学必要論 (タケ)
・大学の教育・教育の本質 (コロッキア)
・あの頃の自分の事 (倉井 香矛哉)
・大学の縁にて (Nag)

頒布価格は400円です。

お立ち寄りの際は、よろしくお願い致します。

2016年2月22日 (月)

なぜ「大学」なのか?―特集「大学」にあたって―

締め切りまで一ヶ月を切っている中遅すぎる気もしなくもないのですが、次回の『余白のR―特集「大学」―』にあたって、なぜ特集「大学」なのか?という質問(あるいは意見)を頂いたので私なりにまとめてみることにしました。まだ応募は受け付けておりますので、これからの応募を考えていらっしゃる方は参考にして頂きたいと思います。

今、大学を考えるにあたって、近年最も注目を集めた出来事として昨年の人文社会学系学部に対する文科省通知があったことは改めて語るまでもないでしょう。それに対する反応として様々な言説が飛び交いました。

ただし、私が見る限りでは、その反応の大部分は大学に籍を置く人、それも主に教員の方からのものが大部分を占めていたと思われます(当たり前ですが)。
大学で人文系の学問を研究されている方が文科省の通知に危機感を覚えるのは当然だと思いますし、今後もアクションを取り続けて頂きたいと思います。
ただ、一方で世間の多くの人々―「大学」と「関わりのない」人々―の多くは、人文系の学問を役に立つと思っていないし、期待もしていないのだろうな、と感じてしまいます。それどころかかつて人文系学部の学生であった人々の中でさえ、人文系の学問の意義を感じている人がどれだけいるのか疑問です。

これらの問題は、大学と我々の生活があまりに遠いため起こっている問題なのではないかと思うのです。我々の多くにとって大学の学問は大学にいる間だけのものであり、大学を出てからも学問に関わり続ける人は少数派でしょう(それは大学を出てからも学問に触れ続けられるだけの余暇が我々に与えられていないことも大きな要因かもしれません)。我々の日常生活と大学はあまりにも離れすぎているのです。そしてこの点は、人文系学部をめぐる論争であまり触れられていないことだと思うのです。

以上が私の認識です。その上で、私の私的な思いもあります。私は、研究に憧れて大学院に進学しましたが、ほとんど何も出来ず中退してしまいました。つまり私は大学に未練があるのですが、一方で大学外でどうにか研究のようなことが出来ないか模索している途中でもあります。
しかし、この大学内・外という認識が実はもう古い考えなのかもしれません。学問をめぐる状況は日々変容していっています。大学外で、様々な知的活動が行われているのを私はここ数年見てきました。これからの大学の大きな課題は、どのように大学を社会に対し開いていくかだと私は思います。
そのために、では我々にとって大学とは何かを考えてみること(我々の日常生活から大学を見てみること)は、一つの重要なテーマではないかと思うのです。

走り書きなので、内容がぐちゃぐちゃな気もしますが、このような構想を持って企画趣旨とさせて頂きます。
なお、私は文系で、文系学部を念頭において書きましたが、当然ながら企画から理系学問を排除する意図はありませんことを申し添えておきます。

2015年8月18日 (火)

C89予告&原稿募集(仮)

ふるとです。夏コミ(C88)、無事終わりました。手伝って頂いた皆様、スペースに来ていただいた皆様、ありがとうございました。おかげさまで、楽しんで夏を過ごすことができました。

さて、夏コミが終わったばかりですが、冬コミの申し込みがすぐ迫っています(C89)。つきましては、予告と原稿の公募をしたいと思います。

・次号 特集:社会の中のオタク文化―法・政治・倫理―(仮)

〈企画趣旨〉
「オタクの一般化」が言われて久しい。それに伴い、オタクないしオタク文化は、かつて以上に「社会」と対峙せざるを得なくなってきたという状況がある。
現在のオタク文化をめぐる社会状況は、刻一刻と変化しつつある。そのような流動する社会とオタク文化の関係を考えるための見取り図を示すことを目指す。

〈募集要項〉

・法・政治・倫理などの視点からオタク文化を考察した論文・評論で、未発表のもの(広く社会、例えば歴史や経済の観点からの原稿も可)
・字数:2万字以下(超える場合は応相談)
・期日:2015/11/15(日)(応相談)
・連絡先:ふるとのTwitter(@kei_furuto)または、メール(kei.furuto★gmail.com 【★=@】)まで
・原稿料:本誌献本(1冊)をもって原稿料に代えさせて頂きます。
※原稿をお寄せ下さる場合は必ず事前に概要をご相談下さい。
※応募が多数ございました場合、編集作業および紙数の関係でお受け出来ない場合がございます。恐れ入りますがあらかじめご了承下さい。
※上記テーマは仮ですので、多少修正される場合がございます。また、ご意見・ご相談がございましたら、上記連絡先まで遠慮なくご連絡下さい。

〈頒布予定イベント〉
・コミックマーケット89

どうぞよろしくお願いいたします。

2015年4月23日 (木)

第二十回文学フリマ東京告知

当サークル(余白の楽書)は、第二十回文学フリマ東京に出店します。配置番号は、オ-10です。新刊として以下の冊子を頒布予定です。

Vol3

余白のR vol.3 特集:東京
・目次
東京vs.犯罪者――劇場版『機動警察パトレイバー』における犯罪の位相/ねりま
アニメに出てくる立川と多摩都市モノレールについて/じぇいじぇい
はじめてのひとのためのメガテンガイド/ヤサゴン
『たまこラブストーリー』に見る「東京」/ふると
トーキョーが怖い/happyendofworld
「東京」について思う初歩的なこと/タケ
秋葉原と都市国家・都市計画のビジョン/コロッキア

編集・発行/ふると
データ監修/たつざわ

頒布価格は、400円です。
お立ち寄りの際はどうかよろしくお願いいたします。

2013年12月22日 (日)

コミックマーケット85

コミックマーケット85、私は会場にいませんが、サークル、ウェブニタス様(代表どかい様)http://blog.livedoor.jp/webnitas/archives/34701506.htmlの新刊、『ウギャッター』の座談会に参加・編集、またアニメ・マンガ評論刊行会様(代表たつざわ様)の新刊『アニバタvol.7』http://www.hyoron.org/anibata7の座談会に参加、およびおなじく新刊の『アニバタvol.8』http://www.hyoron.org/anibata8の編集補助を致しました(詳細はリンク先参照、いずれも「古斗肇」名義)。

会場にお立ち寄りの際はどうぞよろしくお願いいたします。私は関西でバイト中だと思います。

【追記】
追加情報です。サークル、F会様の新刊、『fani通2013上半期』にレビューを寄稿させて頂きました(『ゆゆ式』・『ファンタジスタドール』・『小鳥遊六花・改‐劇場版 中二病でも恋がしたい!』のレビューです)。よろしくお願いします。http://d.hatena.ne.jp/f-kai/20131225/1387980342

2013年4月16日 (火)

文フリ大阪終了

先日参加致しました文学フリマin大阪ですが、無事に終了することが出来ました。

売上は19冊でした。手に取ってご覧になって頂いた方、買って頂きました方に心からお礼を申し上げます。
遅くなって申し訳ないのですが、Twitter等でお世話になった方、原稿を書いて下さった方、当日お声をかけて頂いた方、本当にありがとうございました。
次の参加はまだ未定ですが、どうぞこれからもお付き合い頂ければ幸いです。

ありがとうございました。

2013年4月 5日 (金)

4/14文フリin大阪の予定

少し、遅いですが、4/14(日)の文フリin大阪の頒布物の告知を致します。
場所はG-6、サークル名は「余白の楽書」(よはくのらくがき)です。

頒布物ですが、評論誌『EMERIA』(エメリア)【仮】の第1号の一種類です。コピー紙で、価格は1部100円です。中身は、『中二病でも恋がしたい!』の評論を2本、と「オタク」についての過去体験エッセイを1本、執筆して頂いています(私は『中二病』論を1本執筆します)。
一応予定では、20部ほど持っていくつもりでいます。

また、当サークルの発行物の他に、委託でもう一冊販売致します。
タケさんによる個人誌である『うる星やつら』のキャラクター、しのぶについての考察本です。同氏は、うる星やつらの熱心なファンであり、非常に細かな分析を行っておられます。
・「しのぶについての考察~うる星やつらをより深く理解するために~総集編Ⅰ」
こちらは、1部200円で販売致します。こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

小さなサークルで、私もイベント参加経験が浅く、不安もあるのですが、どうぞよろしくお願いいたします。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

twitter

リンク

無料ブログはココログ